妊娠線 目立たなくする方法

ぜひ試してみて!妊娠線を目立たなくする3つの方法

妊娠線 目立たなくする方法

 

ケアしてたけどできてしまった妊娠線。。。
消えないかもしれないけど、せめて目立たないようにしたい!

 

そんな方も多いと思います。

 

今回は「できてしまった妊娠線を目立たなくする方法」についてがっつり調べてみたことをシェアしたいと思います!

 

 

妊娠線を目立たなくする3つの方法

保湿する

やっぱり保湿ですね。
妊娠線予防専用のクリームであれば真皮まで保湿してくれるものが多いので、内側からお肌を柔らかく潤し、整えてくれます。
ベストなのは「妊娠線ができてしまった時専用」のクリームを使うことです。
お値段が結構するのでそれがネックなのですが・・・本気で何とかしたいのであれば、試してみてください。

 

⇒妊娠線の痕を早く消したい、薄くしたいあなた必見!おすすめのクリーム3選

 

体型を元に戻す

体重が増え、皮膚が伸びてしまっている状態だとどうしても妊娠線が目立ってしまいます。
産後1か月は安静が大切ですが、体調が落ち着いたら運動などをゆっくり取り入れつつ、元の体系に戻るように頑張ってみましょう。

 

 

お肌の生まれ変わりを促進する生活を心がける

お肌は一定の周期で生まれ変わるんですが、これを「ターンオーバー」と言います。
うん、美容に疎い私でも、どこかで聞いたことはありました。

 

ちなみに、お肌のターンオーバーは約28日といわれています。

 

・・・でも、妊娠線って1ヶ月とかじゃ消えませんよね・・・?

 

そうなんです。
28日の周期で生まれ変わるのは肌表面。
でも、妊娠線って肌表面ではなく、真皮にできる傷なんですよね。

 

そして、その真皮のターンオーバーは・・・
なんと5〜6年もかかるんです(泣)

 

ただ、早く何とかしたいからと言ってターンオーバーを早くすればいいというものでもないらしく、一番いいのは「お肌のターンオーバーを正常に戻すこと」

 

そのためには、血行を良くする(めぐりを良くする)ことだったり、生活習慣を改善することが基本になるようです。
冷やさないようにすること、バランスのいい食事や健康的な生活を送ってホルモンを整えること、睡眠を取ること、ストレスをためないこと・・・。

 

ただ、昼夜関係なく赤ちゃんの育児に追われているとしばらくは「生活習慣を整える」なんていうのは難しいですよね。
なので、赤ちゃんが昼夜の生活パターンが整ってくるまでは大変ですが、整ってきだしたら自分も少しずつ規則正しい生活を心がけてみましょう。

 

それまでは・・・できるだけストレスをためないよう、定期的にリフレッシュできる時間を意識して設けることもオススメです。

 

 

他にも、ターンオーバーを促進するための有効成分として、
プラセンタやビタミンのサプリメントだったり、レチノール、EGF、コラーゲンといった成分も効果的とのことなので、上手く取り入れてみるのもいいかもしれませんね。

 

 

できてしまった妊娠線との戦い(?)はなかなかしぶといかもしれませんが、保湿や体重を戻すことなど、できることから始めていきましょう!

 

 

(参考)
肌の再生医療専門RDクリニック
http://www.rederm.com/about/kouzou.php

 

美の鉄人「ターンオーバーの促進方法」
http://binotetujin.com/turnoversokusin-901.html

関連ページ

これって妊娠線!?(泣)妊娠線ができ始めた、できてしまったときの対策はこれ!
もし妊娠線ができてしまったら・・・あきらめずにこんな対策をしていきましょう!
妊娠線の痕を早く消したい、薄くしたいあなた必見!おすすめのクリーム3選
できてしまった妊娠線。産後もなかなか薄くならずに困っているあなたにおすすめのクリーム3つ!
妊娠線が消えると噂のノコア!口コミと一番お得な購入方法【最安値】
妊娠線ができてしまった後のケアとして有名な「ノコア」。口コミと最安値、調べてみました。
最終手段!?美容クリニックで妊娠線を消す(薄くする)ことができるのか調べてみた
「妊娠線をどうしても何とかしたい!」そんなあなたに送る最終手段「美容クリニック」情報。
妊娠中のお腹、できてしまった妊娠線がかゆい!妊娠線やお肌のかゆみを抑える4つ方法と裏ワザ
できてしまった妊娠線や妊娠中のお肌のかゆみなど、お肌のトラブルってありますよね・・・。お肌のかゆみを抑える方法を色々書いてみました!
男性は気にする?妊娠線のある女性が今すぐ取り組むべきこととは?
妊娠線ができてしまって、一番気になるのは「旦那さんからどう思われるのか」ということ。男性のホンネと、今すぐ取り組めることについてお伝えします。

このページの先頭へ戻る