妊娠線とは?

よく耳にする「妊娠線」とは?妊娠線に関する情報まとめ記事一覧

【画像あり】胸・お尻・太もも・・・お腹以外にできる妊娠線ってどんなもの?できないようにするための対策3つ

「妊娠線ができる」といえば「お腹」と思いがち。でも、実際はお腹以外にも胸やお尻、太もももできやすい場所なんです。ちょっと痛々しいかもしれませんが、お腹以外の妊娠線ってどんなものなのか画像を載せてみます。胸お尻太もも妊娠線は「お母さんの勲章」とも呼ばれていて、出産後は目立ちにくくなってくるので気にしないのが一番と言われていますが、それでも・・・できないに越した方がいいって思いますよね^^;妊娠線は皮膚の状態や体質、遺伝的にできやすい人とできにくい人がいて、念入りに手入れしてもできちゃう人はできちゃうし、逆に何もケアしてないのにできない人もいます。でも、「できないようにするための最大限の努力」は今...
続きはコチラ

妊娠線っていつからできるんだろう?先輩ママさんたちの声を集めてみた

妊娠線に関する質問で多いのがコレ。「妊娠線って、いつ頃からできるの?」調べてみた結果、妊娠6か月ごろのお腹が出てきたあたりで妊娠線らしきものが・・・という人もいますが、一番報告が多いのはやっぱり妊娠後期〜予定日前後です。実際の声を見てみましょう。私は一人目の時に奮発していいクリームを塗ってたのに、8か月位から妊娠線でき始めちゃいました。私は31週ででき初めてお風呂に入るとしみるくらいひどくなってしまいました上の子妊娠の時、39週入るまで妊娠線は無くて、本当に安心してました。もちろんクリーム塗って手入れはしていたんですよ!ところが、予定日数日前(出産3日前だったと記憶しています)お風呂に入ろうと...
続きはコチラ

見えにくい下の方から?妊娠線が出てきやすい場所と予兆を要チェック!

妊娠線について最近色々と調べてるんですが、様々な人の口コミを見て知ったことがあります。それは・・・「妊娠線って、見えにくいところに潜んでたりする・・・!」「きゃーーー!!!(泣)」って感じですよね・・・。妊娠中、特に後期に入ってくるとお腹が出っ張りすぎてお腹の下の方が見えにくく(見えなく?)なっちゃうんですけど、妊娠線予防のためにクリームを塗ってても、見えていないその下っ腹の方が実はあんまり意識できていなくて、出産後に「あれ?こんなところに妊娠線ができてた!」なんてことがあるみたいです。出っ張ってくる部分の方が肉割れしやすそうなのでついつい重点的に塗ってしまいがちですが、実はその出っ張りを支え...
続きはコチラ

あなたはどっち?妊娠線ができやすい人、できにくい人の違いとは?

妊娠線って、できやすい人とできにくい人がいます。もちろん、保湿ケアをしっかり続けることや急激に体重を増やさないように気を付けることで「予防」することはできますが、「絶対にできない」ということではありません。「ちゃんと高級なクリームを使ってしっかり保湿してたのに妊娠線ができた!」「妊娠線ケア、全然してなかったけどきできなかった」という人がいたりする理由ですね。では、どんな人が「できやすい」のでしょうか?調べてみました!妊娠線ができやすい人の7つの特徴乾燥肌の人高齢出産の人小柄でスリムな人ぽっちゃりさんで、皮下脂肪が多い人双子、三つ子を妊娠している人経産婦さんお母さんに妊娠線がある人乾燥肌や高齢出...
続きはコチラ

そもそも妊娠線ケアの必要性ってあるの?根本的な疑問について考えてみた!

妊娠して、お腹がググッと急激に大きくなり、お腹の皮がその伸びについていけなくなってバリバリっと割れてしまう「妊娠線」。図で表すと、こんな感じです↓様々な先輩ママさんたちの口コミや経験談を読んできましたが、頑張ってケアしてもできる人はできるし、何もケアしなくてもできない人はできなかったりします。これはもう、体質や遺伝も関係してくるんですが、それでもやっぱり妊娠線は体重管理と保湿ケアの2点をしっかりしていれば、例え自分の母親が妊娠線バリバリできていても防げたりするんですよ。(実際、私も母親のお腹には妊娠線がありますが、一人目のとき体重+8kg、保湿ケアを重点的にしていたらきれいなお腹を保つことがで...
続きはコチラ

このページの先頭へ戻る